ゴルフ スキューバダイビング フットサルなどのスポーツは、健康増進で若さを保ちます。 アウトドアだけでなくギター ラジコン 鉄道模型などの趣味は昔を思い出して始める方も多いですね。

スポンサードリンク

ゴルフ スイング 理論



ゴルフスイング理論には、さまざまなものがあります。アマチュアゴルファーの多くは、どの理論を選択したら良いのかわからないのではないでしょうか。シングルプレイヤーに憧れて、いろいろな理論を試せば試すほど、ゴルフスイングの理論がわからなくなったりしてませんか。アマチュアゴルファーは、ついついプロゴルファーがインパクト直前でコックをため、すばやく腰で切る連続写真を真似してスイングしていたりします。でもプロとアマは違います。プロゴルファーのゴルフスイングを真似したからと言って、スイングが良くなるとは限りません。アマチュアゴルファーは、アマチュアのゴルフスイング理論から学んでいく方が良いと思います。

アマチュアの人が取り入れやすい、ゴルフスイング理論を一つ紹介します。まず、クラブシャフトの動き、いわゆるコックは、常に両腕の中で動かすのが基本です。プロゴルファーのダウンスイングやインパクトの写真のイメージは、この際頭の中から捨てましょう。次に、スタンスは、背筋を伸ばし、やや立ち気味で、下目使いでセットしてください。背中が丸まっていると、良いスイングは出来ません。うまく出来ない人は、一度セットした後、いったん背筋を伸ばして立ち、そのまま腰を折ってみてください。スイングの軸である背中(背骨)を意識することが大切です。テイクバックは、腕で上げるのではなく、背骨を軸とし肩(上半身)の回転で行います。この時、左肩が落ちないように、水平気味のイメージで回すほうが良いでしょう。

トップでは、右下半身がスウェーしないようにします。右足土踏まずの内側、下肢の内側の筋肉に力を入れて緊張を持たせ、上半身の捻りを受け止めます。この時、右利きの人なら左肩は飛方向より後方である右に移動し、ボールを左気味に見ることになります。インパクトからフォロースルーでもクラブシャフトは両腕の中で縦に返ります。アマチュアなりのゴルフスイング理論を身につけましょう。きちんと理論が身につけば、自然とスコアも良くなってくると思いますよ。




posted by 趣味を楽しむ人 at 15:25 | ゴルフ スイング

スポンサードリンク

ゴルフ スイング 基本



ゴルフスイングに求められることは、正確さです。いくら遠くへボールを飛ばすことができても、目的の地点に正確に運ぶことができなければスコアは縮まりません。ゴルフはいかに少ない回数で、パットを決められるかです。

ゴルフスイングは、アドレスから始まります。アドレスとはゴルフで、スタンスをとり、クラブをかまえて打つ姿勢をとることをいいます。正しいアドレスが行われないと、正しいゴルフスイングにつながっていきません。正しい構えは、ゴルフスイングの基本姿勢です。スイングについて悩みを抱える人も多いのですが、正しい構えでスイングしなければ、ミスがでるのはあたりまえのことです。同じスイングを繰り返すためには、ゴルフのスイングはシンプルでなければなりません。

アドレスの基本は、まずスタンスは肩幅に開きます。膝を軽く曲げ、リラックスして柔らかく構えるようにしましょう。
お尻を少し突き出すようにすれば、体と腕の間にゆとりができて、スムースにスイングできます。軽く会釈をする程度の前傾姿勢を作り、体重はややつま先よりに置きます。腕はリラックスして構えましょう。ボールと目標を結ぶ線をイメージして、肩・腰・足のラインを、ターゲットラインに平行になるようにします。背骨は、スイングの軸になるので丸くならないよう気を付けてください。

ゴルフスイングの基本となるスイングモーションは、上半身・下半身・腕の連動した動きにより作り出され、ボールをより遠くへ、より正確に飛ばすために人間の体の自然な動きから工夫されたものです。肩の回転、体重移動、前腕の回転、肘の折り畳みの4つから構成されています。肩の回転(ショルダーターン)は、バックスイングでは右に、フォワードスイングでは左に肩を回転させます。肩と背骨のラインが作るTの字を崩さずに回転させます。ゴルフスイングの基本を覚えて、身につけていくことがミスのないゴルフ、安定したスコアに繋がります。


posted by 趣味を楽しむ人 at 16:19 | ゴルフ スイング

スポンサードリンク

ゴルフスイング 動画



ゴルフ初心者の人がゴルフスイングを学ぶのには、身近な人に教えてもらったり、ゴルフ専門雑誌などで独学で学ぶことが多いのではないでしょうか。そのため、自己流のくせがついたゴルフスイングをする人もかなり見かけられます。ゴルフ初心者はゴルフスイングをレッスンプロに教えてもらうのが最も効果的です。しかし、なかなか時間も無いでしょうし、レッスン料もかかります。そんな方には動画で学ぶ教材がお勧めです。ゴルフスイングを分析するには動画が一番わかりやすいようです。動画で学べば、レッスンプロに習うよりは時間も自由ですし、ゴルフの肝を学ぶことができます。

「V1ゴルフ 日本語版ゴルフスイング分析ソフト」
自分のスイングを研究、分析したりすることに大きな威力を発揮します。動画をベースとした双方向のゴルフスイング学習システムです。
DVカメラでスイングを撮影すれば簡単にPCにキャプチャーできます。そして、このソフトがあなたのスイングの問題点を指摘し、その修正方法を呈示してくれるソフトです。
「現役ツアー・プロの簡単・速効ゴルフ上達法!『4Days』レッスン!」
現役ツアープロの小池智徳さんが公開した、4日間で学ぶゴルフ上達法です。ゴルフ初心者〜中級者を対象に動画と文章の両方で、現役ツアープロも実践しているゴルフ上達のコツを、シンプルにわかりやすく説明してくれます。色んなゴルフ雑誌を読み漁って、正しいスイングがわからなくなってしまっているゴルファーには特におすすめです。
「内藤雄士のDVDで必ず上手くなるゴルフスイング」
本と動画で正しいグリップと構え方、正しいスイングなどの基本から、スイングプレーンとフェースコントロールまでを完全マスターできる教材で人気となっています。

この他にも、DVDやビデオ、動画でゴルフスイングのレッスンを受けることが出来るDVDが多数発売されています。プロゴルファーだけでなく、スポーツ選手が自分のフォームを動画でチェックすることは、あたりまえのことになっています。できれば、間違ったくせがつく前に、正しいスイングを学ぶことをお勧めします。


posted by 趣味を楽しむ人 at 12:04 | ゴルフ スイング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。