ゴルフ スキューバダイビング フットサルなどのスポーツは、健康増進で若さを保ちます。 アウトドアだけでなくギター ラジコン 鉄道模型などの趣味は昔を思い出して始める方も多いですね。

スポンサードリンク

プロ ゴルフスイング 特徴



プロゴルファーのゴルフスイングにあこがれて、スイングをまねた経験はアマチュアプロゴルファーなら多くの方があるのではないでしょうか。同じように打てば、自分も飛ばすことができるような気になるのは皆一緒かもしれません。多くのプロゴルファーには、それぞれにスイングの特徴があります。プロゴルファーのゴルフスイングの特徴を少しだけ見てみましょう。

片山晋呉プロは、(1973年1月31日生まれ・茨城県出身)2008年度の賞金王でツアー通算26勝を挙げ、2000年の賞金王以来、常に賞金王レースに絡んでいます。片山プロのゴルフスイングの特徴は、インパクト周辺でのシャフトプレーンとフェースアングルの安定度にあります。アドレス時のシャフト角度がインパクト時でほとんど変わらず、上半身の前傾姿勢が保たれていることにより可能になっているのです。またグリップが腰の高さでのダウンスイングとフォロースルーでのフェースの向きは、インパクトを挟んでの半円のゴルフスイング中にクラブフェースが左右対称に回転して、しかもゾーンでボールを捕らえています。これらは、腕と体が一体となってスイングしているからできることなのです。

上田桃子プロは、(1986年6月15日生まれ・熊本県出身)2007年に21歳156日で史上最年少の賞金女王に輝いています。2007年度からアメリカに参戦し、ここ一二年で急速に実力をつけて活躍している、今一番注目の女子プロゴルファーです。上田桃子プロのゴルフスイングは、スタンスは肩幅よりも広めにとり、振り遅れないようにしっかりとインサイドから、振り抜いています。トップからの切り替えし時に、打ち急がずに上半身で最大限に我慢したあと、クラブヘッドをうまく走らせています。そのため小柄な体にも拘らず、飛距離を出すことができます。

古閑美保プロは、(1982年7月30日生まれ・熊本県出身)2008年ツアー4勝を挙げ、初の賞金女王に輝いています。小学生の時は「野球少女」で甲子園を目指していたといいます。古閑プロのゴルフスイングの特徴は滑らかなスイングテンポにあり、身体能力が高いことから飛距離もよく出ます。シャフトプレーンの軌道とクラブフェースのコントロールが抜群に良いのも特徴です。

ゴルフの上達はスイングが基本であり、スムーズにできることです。プロゴルファーのスイングをそのまま真似しても、けっして自分の体にあった動きにはなりません。プロゴルファーのスイングを参考にしながら、自分にとってナチュラルなスイングを見つけることですね。




posted by 趣味を楽しむ人 at 12:40 | ゴルフ スイング

スポンサードリンク

ゴルフ 基本 スイング 練習法



ゴルフスイングの基本や理論を知っても、身につけなければゴルフの上達はありえません。知識として得たものを、練習で体に覚えさせることが必要になります。ゴルフ基本スイングの練習法を実践してみましょう。

ゴルフスイングは、体全体の力をクラブを使ってボールに伝えますが、アプローチでは距離を調節することも必要になってきます。アプローチでのゴルフスイングの基本を習得するための練習法ではタオルを使います。まず、左わきにタオルを挟んでボールを打ってみましょう。距離を合わせようとして、小手先でのアプローチショットになっていると、左わきが開いてタオルが落ちてしまいます。バックスイングをインサイドに引くと、左わきが開いてしまいタオルが落ちてしまうのです。また、フィニッシュで左わきが開くとクラブの方向性にばらつきが生じ、ボールの方向性も安定しなくなります。つまり左わきのタオルを落とさないようにクラブを振ることができれば、身体と腕が連動して動いているということになります。小さなゴルフスイングでも、身体と腕を連動させることができれば、方向性と距離感は確実に良くなります。

アマチュアゴルファーの場合、ボールを揚げようと意識しすぎるあまりダフリが多くなるようです。ダフリが多い人はボールをティーアップして、ミドルアイアンでボールのみをクリーンに打つ練習をしてみましょう。ティーアップされたボールを5番アイアンから7番アイアンで打ちます。ボールをクリーンに打たないとクラブヘッドにティーが当たった鈍い音がするはずです。ボールがフェースの中心にクリーンにヒットすれば鈍い音は聞こえてきませんし、弾道は大変力強いものになるはずです。アプローチに癖がある人は、ちょっと違った練習をしてみてください。練習場で、ボールを入れるかごを使います。かごの上に左右のどちらかの足をのせて、ゴルフスイングの練習をすることで、スイングの軌道を修正することができます。ゴルフアプローチの基本を身につけて、楽しいゴルフにして下さい。


posted by 趣味を楽しむ人 at 18:54 | ゴルフ スイング

スポンサードリンク

ゴルフ スイング 体重移動



ゴルフコースでも練習場でも、スイングをして飛距離が出ると、とても気持ちが良いものです。ゴルファーなら誰しも飛ばすことにあこがれるでしょう。いかに飛ばせるか、その事にこだわって練習している人もいるのではないでしょうか。しかし、「力んだスイングをすること」と「力が入るようにスイングすること」は全く違うことです。アマチュアゴルファーは、スイング時に自分の持っている力をボールに伝えられていない人が大半を占めます。

ゴルフスイングでは、スイング時の体重移動がとても重要になります。ゴルフスイングのスイングモーション(一連の動作)は、体の動きと腕の動きの2つに分かれます。さらに、体の動きは肩の回転(ショルダーターン)と、体重移動(ウエイトシフト)に分かれます。体重移動(ウエイトシフト)は、バックスイングでは右に、フォワードスイングでは左に、スムースに体重移動を行わなければなりません。

アドレス(スタンスをとり、クラブをかまえて打つ姿勢をとる)では、両足均等に体重をかけます。トップでは8割方右足に、フィニッシュでは9割方左足に体重をかけます。アドレスで右に体重をかけすぎると、バックスイングはしやすいのですが、すくい上げるスイングになってしまい、トップボールが出やすくなります。また、インパクトで左腰が引けて、引っ掛けたりスライスボールも出やすくなります。

左に体重をかけすぎると、バックスイングで肩が回りにくく、手打ちになりがちです。また、トップで前傾姿勢が起き上がり、インパクトで体が突っ込んでしまいます。そのためトップやダフリ、右にプッシュアウトするなど、いろんなミスに繋がってしまいます。自然な体重移動ができるようになれば、自然と力が入るスイングになりボールを遠くへ飛ばすことができるようになります。


posted by 趣味を楽しむ人 at 16:03 | ゴルフ スイング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。