ゴルフ スキューバダイビング フットサルなどのスポーツは、健康増進で若さを保ちます。 アウトドアだけでなくギター ラジコン 鉄道模型などの趣味は昔を思い出して始める方も多いですね。

スポンサードリンク

グアム ダイビング スポット



グアムの海は、平均透明度20〜50mという世界でも有数の透明度を誇り、平均水温は26℃とほぼ1年中海水浴を楽しむことができます。太平洋のマリアナ諸島最大の島であり、海洋性亜熱帯気候の「常夏」の島です。グアムは年間を通して高温多湿で、平均気温は27℃、1〜5月が乾季、6〜12月の雨季にはスコールが降ります。

日本から3時間弱で行けることもあり、スキューバーダイビングにも人気の島です。グアムには、変化に富んだダイビングスポットが、島のあちこちに200以上も点在しています。ガン・ビーチ(GUN BEACH)は、旧日本軍の大砲が残っていることから呼び名が付き、タモン湾の北端、ホテルニッコーグアムの北側に続く何もないビーチです。海底トンネルが多く起伏に富んだポイントで、ブダイ、ベラなど小魚が多く、運が良ければマンタに会えることもあります。ビーチから潜水できるのでナイトダイビングにも人気のスポットになっています。

ブルー・ホール(Blue Hole)は、グアムで最も有名な南部のダイビングスポットです。水深は15〜40m、水深16m付近の棚にハート型の穴がポッカリ開いていて、中から上を見上げると射し込む光がとても美しく、幻想的なポイントとして人気があります。横穴近くの壁沿いにはアオマスクやヘルフリッチなどが見られ、バラクーダやイソマグロなどの大物が見られるときもあります。

この他にも、グアムで一番の大物に出会えるピナクル(グアム北部)・アプラ・ハーバー(グアム南西部)・ロウニンアジなどが見られるギャブギャブセカンドリーフ(グアム南西部)・クレパス(グアム南西部)などの人気ダイビングスポットがあります。地形・サンゴ・砂地などバリエーション豊かなグアムの海は、初心者から上級者まで楽しめる数多くのダイビングポイントに恵まれた海です。




posted by 趣味を楽しむ人 at 19:02 | ダイビング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。