ゴルフ スキューバダイビング フットサルなどのスポーツは、健康増進で若さを保ちます。 アウトドアだけでなくギター ラジコン 鉄道模型などの趣味は昔を思い出して始める方も多いですね。

スポンサードリンク

沖縄 ダイビング スポット



沖縄は、ダイバーにとってパラダイスとも言われる場所です。色とりどりの珊瑚礁の海に囲まれた沖縄は、すべてがダイビングスポットと言っても過言ではありません。また、ダイビングだけでなく、ホエールウォッチングやシーカヤックなど家族で楽しむことのできるマリンレジャーにも事欠きません。沖縄には、ダイナミックな地形から熱帯魚の暮らすコーラルポイントまで、さまざまなダイビングスポットがあります。

渡嘉敷島(とかしきじま)・座間味島(ざまみじま)・阿嘉島(あかしま)・慶留間島(げるまじま)などの島々からなる慶良間(けらま)諸島は、那覇の泊港からフェリーで1時間、高速船で55分程度です。阿嘉島は、映画「マリリンに遭いたい」の舞台としても有名になった島です。世界有数の透明度を誇る美しい海域を持ち、年間通して多くのダイバーが訪れる人気のダイビングスポットです。ダイビング初級者から上級者まで、バラエティに富んだダイビングを満喫できます。

八重山諸島にある石垣島のダイビングスポットは、市街・川平・北部の3エリアに別れます。透明度50Mの世界でのマンタ(オニイトマキエイ)やマグロ ウォッチングを楽しみたいダイバーには川平エリアがおすすめです。夏から秋にかけてのマンタ遭遇率100%というのは世界でも稀なダイビングスポットです。国頭村(くにがみそん)のWロックは、イソバナの群生を見ることができ、水中写真のポイントとしても人気があります。

トライアスロンで有名な宮古島は、隆起サンゴからなり、日本最大級といわれるサンゴ礁群を見ることができる世界でも有数の透明度を誇る海です。「アントニオガウディ」、「マリンレイク」、「クリスタルパーク」など、自然の偶然が重なった神秘的な海は一度潜ったら病みつきになる沖縄のダイビングスポットです。

沖縄本島での代表的なダイビングスポットとしては、恩納村(おんなそん)の真栄田(まえだ)岬があります。日本のグロットと言われる階段をおりて行っての潜水は、地元のダイバーたちにもこよなく愛されています。カラフルな魚類を観察できる北谷町(ちゃたんちょう)沖は、潮流が弱いので初心者でも安心な沖縄のダイビングスポットです。万座ドリームホールは、水深25mの縦穴をゆっくりと降りて行くエキサイティングなダイビングポイントとしても有名です。




posted by 趣味を楽しむ人 at 20:07 | ダイビング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。