ゴルフ スキューバダイビング フットサルなどのスポーツは、健康増進で若さを保ちます。 アウトドアだけでなくギター ラジコン 鉄道模型などの趣味は昔を思い出して始める方も多いですね。

スポンサードリンク

ダイビング スクール コース



ダイビングライセンスを取りたいけど、どこに行けばいいのかわからないという方もおられるかもしれませんね。ダイビングに必要な機材を販売しているのがダイビングショップですが、ほとんどのダイビングショップではダイビングライセンスを取得できるスクールを設けています。

ダイビングライセンス(Cカード)を取得するには、PADIなどの団体が実施する技能講習を終了しなければいけないので、ダイビングショップなどで講習を受けることが必要となります。現在、世界中のダイバーの6割はPADIが発行したライセンスカードを持っています。PADIのCカードを取得するためには、オープン・ウォーター・ダイバー・コースまたはPADIスクーバ・ダイバー・コースを受講します。

「オープン・ウォーター・ダイバー・コース」は水中世界の感動を味わえるダイバーになるためのコースです。受講資格は年齢15歳以上で、講習内容は知識開発5セッション+プールダイブ5セッション+海洋実習4ダイブとなっています。受講料金は、「シーラバーズ・サイパン」ならば$350です。 「PADIスクーバ・ダイバー・コース」は、ダイビングの講習を受けてみたいけど時間がない方などにおすすめのコースです。受講資格は、年齢15歳以上で、講習内容は、知識開発3セッション+プールダイブ3セッション+海洋実習2ダイブとなっています。料金は「シーラバーズ・サイパン」では$200となっています 。いずれも、器材レンタル料金、カード申請料、施設使用料等は全て含まれいるので、水着1枚のみで参加できます。

すでに「Cカード」を取得済みの方にはステップアップ・コースのアドバンスド・オープン・ウォーター・ダイバー・コースや、様々な楽しみ方を身につける各種スペシャルティ・ダイバー・コース、さらに安全性を高めるレスキュー・ダイバー・コースがあります。プロコースはダイブマスター・コースから始まり、インストラクター開発コース(IDC)へと続きます。講習時間は、それぞれのショップのコースによりかかる日数が違うようです。インターネットで自分の好きな時間にダイビングライセンス取得の学科講習が受けられたり、学科講習、学科テストは無料で何度でも受けられる所もあります。ダイビングライセンス取得のショップ等は、コース料金の他に追加料金がかからないかなど良く調べてから選ぶようにして下さいね。




posted by 趣味を楽しむ人 at 14:54 | ダイビング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。