ゴルフ スキューバダイビング フットサルなどのスポーツは、健康増進で若さを保ちます。 アウトドアだけでなくギター ラジコン 鉄道模型などの趣味は昔を思い出して始める方も多いですね。

スポンサードリンク

スキン ダイビング 入門



スキンダイビングは、年齢や性別に関係無く、海との一体感を楽しめるマリンスポーツです。スクーバダイビングと違い、高価な機材の購入やライセンス取得が必要無いため手軽に始められます。スキンダイビングは、レギュレーターなどの水中呼吸装置を使用せずに、自分の肺の中にある空気のみで潜水します。息が長く続く呼吸法を覚えれば、潜ることができる時間もだんだん増えてきます。

素潜り(すもぐり)は、体にとくになにも装備しないか、単純な水中眼鏡程度のみを使用して行なう海人による伝統的な漁法です。スキンダイビングは、素潜りではなくシュノーケリングで使う器材(マスク・シュノーケル・ブーツ・フィン・ウェットスーツ)と同じものを用いて潜水を行います。

スキンダイビングのうち、どれほど深く潜るかという、より競技性の強いものはフリーダイビングと呼ばれれています。フリーダイビングには、常にブラックアウト(酸欠による失神)の危険性が伴うので、 十分な訓練と準備が必要となります。

健康な成人であれば、適切な器材を使用し簡単な技術を習得すれば、水深15m程度まで潜水することが可能です。身体的な素質に恵まれ十分な経験を積むと、水深20〜30m程度までの潜水も可能です。しかし、水深が深くなればなるほどブラックアウト(酸欠による失神)の危険性が増すことになります。スキンダイビングを行うには、適切なサポートと危険性を伴うことに対する覚悟が必要です。

スキンダイビングは、海中世界を楽しむ最適な方法の一つです。スキューバダイビングとは違いエアの排気音が無いために、魚達の警戒心も和らぎます。イルカと一緒に泳いだり、水中の生物を観察したり、スキンダイビングにはいつもとは違った海中の世界を楽しむことができる魅力があります。




posted by 趣味を楽しむ人 at 20:59 | ダイビング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。