ゴルフ スキューバダイビング フットサルなどのスポーツは、健康増進で若さを保ちます。 アウトドアだけでなくギター ラジコン 鉄道模型などの趣味は昔を思い出して始める方も多いですね。

スポンサードリンク

スキューバ ダイビング 入門 マリンスポーツ



スキューバダイビングは、水中への憧れ、日常生活から離れての癒しなど年齢に関係なく始める方が増えているようです。スクーバダイビングとは、一般的にはレギュレーターと呼ばれる自給式水中呼吸装置を使用して行う潜水です。水中で魚類の鑑賞などを行い、レジャーとしても浸透してきています。自給式水中呼吸装置とは、高圧空気の入ったボンベを携行する方式の潜水器具で、スクーバーとも呼ばれています。スクーバとは、英語のSelf Contained Underwater Breathing Apparatusの頭文字SCUBAのカナ表記です。スキューバダイビングは、海事工事・水難救助・軍事などの職業的活動として行われることもあります。

スキューバダイビングを行なうには、Cカードといわれるスキューバダイビングの免許証が必要になります。ダイビング機材の取り扱い方や、水に潜ることによる人体への影響などについて、正しい知識・技能を身につけなくてはいけません。

スキューバダイビングは、レギュレーターを携行し、ボンベの空気を呼吸して潜水を行うため、息をこらえて行うスキンダイビングや、地上からホースで空気を供給する送気式潜水など他の潜水方法に比べ、手軽に長時間のダイビングを可能にすることから、人気のマリンレジャーとなっています。

しかし、スキューバダイビングは、他のレジャーと違い、水中という特殊な環境下で行うため、万一事故を起こすと生死につながるという危険性を秘めています。スキューバダイビングを始めようとする場合には、まず潜水教室(スクール)に通い、スキューバダイビングを行なうための、ダイビング機材の取り扱い方や、水中という特殊な環境の危険性や、水にもぐることによる人体への影響などについて、正しい知識・技能を身につけておく必要があります。

ダイビングスクールには、目的やレベルに合わせたコースがあります。また、毎日海に潜っている経験豊富なインストラクターと一緒に水中体験ができる、体験ダイビングなどもあるので経験してみることをお勧めします。スキューバダイビングの免許を取れば、旅行といえば今までは陸上だけだったものが、ダイビングスポットでの水中旅行など楽しみも広がります。




posted by 趣味を楽しむ人 at 15:55 | ダイビング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。