ゴルフ スキューバダイビング フットサルなどのスポーツは、健康増進で若さを保ちます。 アウトドアだけでなくギター ラジコン 鉄道模型などの趣味は昔を思い出して始める方も多いですね。

スポンサードリンク

ゴルフ 基本 スイング 練習法



ゴルフスイングの基本や理論を知っても、身につけなければゴルフの上達はありえません。知識として得たものを、練習で体に覚えさせることが必要になります。ゴルフ基本スイングの練習法を実践してみましょう。

ゴルフスイングは、体全体の力をクラブを使ってボールに伝えますが、アプローチでは距離を調節することも必要になってきます。アプローチでのゴルフスイングの基本を習得するための練習法ではタオルを使います。まず、左わきにタオルを挟んでボールを打ってみましょう。距離を合わせようとして、小手先でのアプローチショットになっていると、左わきが開いてタオルが落ちてしまいます。バックスイングをインサイドに引くと、左わきが開いてしまいタオルが落ちてしまうのです。また、フィニッシュで左わきが開くとクラブの方向性にばらつきが生じ、ボールの方向性も安定しなくなります。つまり左わきのタオルを落とさないようにクラブを振ることができれば、身体と腕が連動して動いているということになります。小さなゴルフスイングでも、身体と腕を連動させることができれば、方向性と距離感は確実に良くなります。

アマチュアゴルファーの場合、ボールを揚げようと意識しすぎるあまりダフリが多くなるようです。ダフリが多い人はボールをティーアップして、ミドルアイアンでボールのみをクリーンに打つ練習をしてみましょう。ティーアップされたボールを5番アイアンから7番アイアンで打ちます。ボールをクリーンに打たないとクラブヘッドにティーが当たった鈍い音がするはずです。ボールがフェースの中心にクリーンにヒットすれば鈍い音は聞こえてきませんし、弾道は大変力強いものになるはずです。アプローチに癖がある人は、ちょっと違った練習をしてみてください。練習場で、ボールを入れるかごを使います。かごの上に左右のどちらかの足をのせて、ゴルフスイングの練習をすることで、スイングの軌道を修正することができます。ゴルフアプローチの基本を身につけて、楽しいゴルフにして下さい。




posted by 趣味を楽しむ人 at 18:54 | ゴルフ スイング
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。