ゴルフ スキューバダイビング フットサルなどのスポーツは、健康増進で若さを保ちます。 アウトドアだけでなくギター ラジコン 鉄道模型などの趣味は昔を思い出して始める方も多いですね。

スポンサードリンク

ヤハマ ゴルフ クラブ



「ヤマハ」は、1887(明治20)年11月 創業者 山葉寅楠がオルガン製作に成功したことに始まります。楽器の製造販売メーカーとして有名なヤマハですが、ゴルフ事業にも進出しています。2009年LPGAツアー「ヤマハレディースオープン葛城」は、4月3日(金)〜4月5日(日)まで開催されました。韓国の黄 アルムが、日本女子ツアー初優勝を飾っています。

ヤマハのゴルフクラブ「inpresX」は、圧倒的な飛びと先進の科学デザインによって、いま最も注目を集めているゴルフクラブです。力を一点に集中させる重心の同期。引く力と開放するタイミングとの時間の同期。それを精緻に追求したのがインプレスXです。科学をデザインしたニューメカニズム採用のヘッッドとシャフトがパワーとスピードを大きく増幅させるのです。

「inpresX」シリーズのドライバーは、X状のリブを左右に広げることで上下の高反発エリアを拡大した「X-マルチフェース」がさらに進化しています。4分割したフェースをさらに細分化し、トゥ・ヒールを薄くした「3X-マルチフェース」を新たに採用し、フェースを軽量化、反発エリアをさらに4%拡大しました。2008年から始まったSLEルール(反発規制)に対応しながら、高反発係数のエリアをさらに拡大し、さらに飛距離を伸ばしています。

また、それぞれのヘッドの特性に合わせたシャフトを用意しています。『4.6V r.p.m.』は、振り抜きが良く、剛性を高めてスピンを最適にコントロールします。『4.6D Type S r.p.m.』では、マルチプルEIシャフトを採用し、引っかかりを抑える中・元調子とし、適切なスピンを実現します。『4.6D r.p.m.』では、同じく新開発のマルチプルEIシャフトを採用し、先・元調子で手元のしなりでタメをつくり、ヘッドスピードを上げて、先端のしなりがしっかりとボールをつかまえます。「inpresX」フェアウェイウッド は、新開発の「FRICOFFソール設計」を採用し、これまでにない「抜けの良さ」を追究、実現しました。

V Forgedアイアンは、ヤマハ契約の谷口徹プロの求める「機能」を実現し、谷口プロがトーナメントで使用するモデルと同様の実戦タイプです。「抜け」と「球の上がりやすさ」と「出玉の方向性」を重視し、シンプルな設計ながらも機能美を備えたモデルです。




posted by 趣味を楽しむ人 at 19:23 | ゴルフ クラブ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。