ゴルフ スキューバダイビング フットサルなどのスポーツは、健康増進で若さを保ちます。 アウトドアだけでなくギター ラジコン 鉄道模型などの趣味は昔を思い出して始める方も多いですね。

スポンサードリンク

ゴルフクラブ ユーティリティー



ユーティリティーは、最近人気が高まっているゴルフクラブです。ゴルフ初心者やアベレージゴルファーにとっては、5番アイアン以上のロングアイアンは苦手なクラブといわれています。ロングアイアンはアイアンの中でもシャフトが長く、飛距離もある程度必要になってきます。そのためゴルフ初心者などは余計な力が入り、打ち急いでしまうことが原因のようです。そんな時に頼りになるのがユーティリティーやショートウッドなどのフェアウェイウッドです。

ユーティリティゴルフクラブは、アイアンの板状とウッドの球状の中間の形状をしたゴルフクラブです。シャフトが短めで、フェアウェイウッドが苦手の人にも打ちやすく、つなぎのクラブとして理想的です。フェアウェイウッドの7番からをユーティリティーウッド、アイアンに近い形状の物はユーティリティーアイアンと呼んだりします。ロングアイアンよりも簡単ですので、3,4番アイアンなどが苦手なゴルファーは、最初からユーティリティークラブをセッティグしているようです。

ロングアイアンでは弾道が高くならないゴルファーでも、このクラブを使えば高弾道でピンを狙うことが出来ます。また、ラフからでも打ちやすく、スライスしにくいのも支持される理由の1つです。ヘッドスピードが遅く、ロングアイアンでは球が上がりにくい人は、アイアンの3番・4番・5番を抜いてユーティリティクラブに代えると160〜200ヤードの難しい距離を、高弾道でピンを狙っていけます。

ボールが打ち出される角度がFW並みに高いことと低いバックスピンがかかっているので、高く飛んで風の影響を受けにくい理想的な性能を持ち合わせています。ユーティリティークラブの打ち方は基本的にはアイアンと同じです。ゴルフは、いかにミスショットを減らせるクラブを選ぶかということが大切です。好みや相性などもあるので、試打したり、コースで使ってみるようにしましょう。




posted by 趣味を楽しむ人 at 22:57 | ゴルフ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。