ゴルフ スキューバダイビング フットサルなどのスポーツは、健康増進で若さを保ちます。 アウトドアだけでなくギター ラジコン 鉄道模型などの趣味は昔を思い出して始める方も多いですね。

スポンサードリンク

ゴルフクラブ アイアン 選び方



ゴルフを始めるのに必要なものといえば、ゴルフクラブとボールですね。最初の内は、人に借りたり、レンタルする人も多いようです。でも、だんだんコースの回数も多くなると、やっぱり自分のゴルフクラブが欲しくなるようです。ゴルフクラブはルール上14本まで使用できます。そのうち、距離の打ち分けを主な目的として使われるクラブをアイアンと呼びます。本数が多いほど、距離によってクラブを選ぶといった微妙な距離調節が可能になります。

アイアンは6〜10本が1セットになって販売されています。ウッドと同様に、アイアンも、3番、4番… 9番と数字で種類分けされます。9番以降は、グリーンへの寄せの際によく使用されるピッチングウェッジ(PW)、ピッチングウェッジとサンドウェッジの中間のロフト角を持つアプローチウェッジ(AW)、バンカーからの脱出の際に使用されるサンドウェッジ(SW)と呼ばれています。

アイアンは市販されているアイアンの構造から3つに分類されます。キャビティアイアンはフェースの後ろ側が凹んだ構造になっています。中空アイアンはヘッド内部が空洞になっている構造のアイアンです。マッスルバックアイアンはヘッドはシンプルな板状のアイアンです。初心者にはキャビティアイアンがおすすめです。手頃な値段で買えるモデルが多く、大きなヘッドでソール幅が広いモデルはボールが上がりやすく、ミスにも強いからです。本数は5番からSWまでの8本あれば、まず大丈夫だと思います。初心者にはロングアイアン(3番、4番)は難しいので必要ありません。

アマチュア向けでは、3番・4番アイアンがクラブセットから除外される事も多くなっています。重量は、初心者には少し重めがおすすめです。一般男性の場合、370〜410グラム(5番アイアン)を目安に選ぶといいでしょう。アイアンでボールが上がりにくい人には、簡単にスピン量を増やせる低重心モデルのアイアンを選ぶといいでしょう。低重心モデルのアイアンの見分け方は、ネックを見て、短いものが低重心モデルと言うことになります。初心者なら、とりあえずは中古品を買ってためしてみるのも良いのではないでしょうか。




posted by 趣味を楽しむ人 at 20:22 | ゴルフ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。